前々回もかきました待てや伏せは、しつけの基本です。
なので子犬には、しっかりと待てや伏せは覚えさせましょう。

待てや伏せをしつけることでの効果はこれです。
子犬に我慢を覚えさせること
これが期待できます。

待てを覚えさせる時は、まずお座りです。
けどいつまでもじっとはしていないと思います。
そのときは、犬が動きそうになったら、手のひらを犬の鼻先に近づけましょう。

スポンサーリンク

そして、「待て」と子犬に指示します。
その状態を一定時間我慢させます。
それでしばらく経ったら、「よし」と声をかけましょう。
これで、待てのをやめさせます。

子犬が上手くできたらおやつをあげてください。
そして子犬をきちんと褒めてあげましょうね

スポンサーリンク

これを繰り返すことで子犬は、待てを覚えてくれますよ。

次に、伏せです。
これを覚えさせるには、おやつやオモチャなどを子犬の足元に下げていきましょう。

こうすると、子犬は前かがみになります。
それで、お腹が床につきます。

このときに、「伏せ」と命令するのです。
それでその状態をしばらくキープさせます。

これも当然、上手く子犬ができたらおやつをあげてください。
もちろん子犬を褒めることもわすれていはいけませんよ。

このようにやると待てや伏せのしつけは子犬が覚えてくれるのが早いと思います。

この時子犬がなかなか覚えてくれないかもしれません。
だからといって子犬を、子犬を叩いたりしてはいけません。

時間をかけてゆっくり子犬に待てや伏せをおぼえさせましょう。
短気は損気ですよ。

スポンサーリンク