自力で二重にする方法にはリスクもあるの?

自分で二重にすればお金がかかりません。
それに、手軽にできますよね。

そのため、自力で二重にしている人も多いそうです。

では、自力で二重にする方法にリスクはあるのでしょう?
それは、二重の手術をするよりもリスクは低いです。

スポンサーリンク

そう思っておいて間違いありません。

手術の場合、まぶたを縫ったりします。
また、メスを入れたりもします。

そうなると、当然リスクはつきものです。
ですが、自力で二重にするリスクとしてはそれほどありません。

あるとすれば、目やまぶたを傷つける恐れがあるくらいですね。

これは気をつけて行えば防ぐことができます。
ですが、何かの拍子に傷つけてしまうこともあります。

その可能性はゼロではありません。

それに、自力で二重にする場合、即効性がありません。
そのため、時間がかかります(T_T)

早くても1ヶ月程度はかかってしまいますよ。
ですから、すぐに二重にしたいと思っている人には不向きですね。

また、自力で二重にしようとした結果、不自然な二重になってしまうケースも….(T_T)

そのため、しっかりとどのような二重を目指すのかを考えましょう。
そうして、実行しないといけません。

手術で二重にする方法にも自力で二重にする方法にも大なり小なりリスクはあります。
なので、どちらが自分に合っているのかをじっくりと考えてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

二重って遺伝?

二重まぶたは遺伝するといわれています。
この話は本当なのでしょうか?

それは、これは本当の話なのです。

二重まぶたの両親であれば、その子供も二重まぶたになる可能性は高いと思っておいてください。

しかし、片方が二重で、片方が一重の場合はちょっと違います。
このケースでは、その確率が多少下がります。

ただ、まぶたの場合、二重まぶたが優性遺伝なのです。
また、一重まぶたが劣勢遺伝となります。

なので、片方が一重でも子供が二重まぶたになる可能性は高いですね。

また、両親が二重ではなくても、祖母や祖父が二重だった場合はどうでしょう。
この場合には、隔世遺伝で子供が二重になる可能性はありますよ。

それに、小さい頃は一重でも、成長するにつれて二重になるというケースもあります。
このケースは珍しくありません。

このように、遺伝とまぶたは大きく関係しています。
ですが、絶対ではありません。

一重まぶたの家系でも二重まぶたの子供が生まれる場合があります。
また、二重まぶたの家系でも一重まぶたの子供が生まれる場合があります。

あくまでも確率の問題と思っておいてください。
これは、自分の力ではどうすることもできません。

なので、それほど真剣に悩む必要はないですよ。

スポンサーリンク