紫外線は肌に悪いとよく聞きます。
この話は実際どうなのでしょうか?

結論からいうとこれは本当のことです。

強い紫外線を浴び続けることにこのような肌トラブルが起こります。
ニキビやシミ、シワです。

スポンサーリンク

女性の大敵が強い紫外線によって引き起こされるのです。
ただ若い頃は大丈夫なのです。

それは大量の紫外線を毎日浴びても、肌の再生能力が高いからです。
このお陰で若いころなら肌トラブルを起こすことはないでしょう。

ですから年齢が上がるにつれて肌の再生能力も徐々に低下します。
そうなると強い紫外線を浴びるのは危険です。

それに若い頃に浴びた紫外線の影響が、30代や40代になって現われます(T_T)

ですから紫外線対策は早くから始めましょうね。
できれば10代から気をつけてほしいものです。

スポンサーリンク

ではどのような紫外線対策が有効なのでしょうか?
それはこのようなものが有効です。

・日焼け止めクリームを塗る
・日傘や帽子の使用
・UVカット加工のメガネの使用

まずこれです。
日焼け止めクリームを塗ることです。
これで紫外線を大幅にカットできますよ(^^)

けれども日焼け止めクリームというと夏のイメージがあります。
CMでも夏によく流れております。
ですがが、他の季節でも日差しの強い日は必要です。

ぜひ夏以外でも日差しの強い日は日焼け止めクリームを使用するようにしてくださいね。

また、日傘や帽子を使用することも紫外線対策としては有効です。
これらを使うことで紫外線を遮ることが可能です。

またUVカット加工のメガネを使うのもオススメです。
これを使うことで目の周りにシミを防げます(^^)

スポンサーリンク