過去問はやった方がいい?

税理士試験に合格するためには必要なことがあります。
それは、過去問をやることです。

これが税理士試験に合格するためには必要不可欠ですよ(^^)

過去問はやらないよりもやった方がいいです。
なので、どんどん過去問をやるようにしてくださいね。

その理由は税理士試験に限らず、資格の試験というのは、例年同じような問題が出題されるからです。

そのため、過去に出題された問題を解くことによって、実際の試験問題が解きやすくなりますよ(^^)
その証拠に合格者の大半は、過去問を何度も繰り返しやっています。
なので、少しでも多くの過去問を解くようにしましょうね。

そして、過去問の問題集を購入する場合、注意したいことがあります。
それはその過去問がいつ発行されたものかです。

やはり、新しいものの方が信用性がありますよ。
なので、あまりにも古いものは購入しないようにしてくださいね。

また、あなたに合ったものを探すためにも、口コミを参考にしましょう。

実際に使用した人の感想は非常に参考になります。
なので、その中から良さそうなものを選ぶようにしましょうね。

そして、最初にたくさん購入してしまうと意欲を失うことがあります。
そのため、まとめて買うよりも終わったら新しいのを買うといったようにした方がいいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

簿記も取った方がいい?

もしあなたが税理士の資格取得を目指しているのであれば、簿記も一緒に取りましょう(^^)
なぜなら、税理士試験の科目に、「簿記論」というのがあるからです。

簿記論というのは、その名前の通りです。
それは、簿記に関する問題です。

簿記の資格試験とこの税理士試験の簿記論は似ていますよ。
なので、税理士の勉強をしていれば必然的に簿記の勉強をしていることになります。

そのため、どうせなら一緒に簿記の資格を取得されることが良いです。

簿記の勉強のコツは税理士とほとんど同じですよ(^^)
なので、戸惑うこともないでしょうね。

ただし、いくら税理士の勉強をしていても、それだけでは簿記の試験には合格できません。
そのため、ある程度の勉強時間は必要になりますよ。

簿記の資格を取得することによって、就職活動の幅が広がりますしね。
また、開業した時の信用性も高いですよ。

ただ同時に勉強するのは難しいと思います。
ですから、まずは税理士の試験に合格しましょう。
そうして、それから簿記の勉強を始めるようにしましょうね。

また、簿記の試験に合格するためにも、過去問をたくさんやるようしてくださいね。

スポンサーリンク