アタックにはコツがあります。
そのコツとはコレです。
まず、手首の力を抜きましょう。
そして、鞭のようなイメージでボールに当てます。

この時には体重をのせるて打つことです。

まあ大抵強くて防げないようなスパイクを打とうと力みすぎます。
そうなると手に力が入ってしまいやすいのが常です。

ですが手に力を入れないほうがよいのです。
そのほうが実はスパイクの威力は増しますよ。

ただ、手のどこにボールを当てるかも重要です。
手のどこでもボールに当てていいというわけではありません。

ボールを当てるときは、手のひらの真ん中からやや上です。
この場所に当てるようにしてください。

これがとても大切です。

また、助走の際に、最後のステップで両足が揃えないでください。
このことは十分気をつけましょうね。

スポンサーリンク

そうしないとあなたは、高くジャンプできませんよ(T_T)

またアタックの時は顎を引いて自分の体より前でボールを打ちましょう。
これもアタックのコツの一つです。
まあこれは初歩的なことではありますがね。

それから、スパイクを打つ手と反対の肩を下げないようにしましょう。
このようにアタックを打つときは意識して打ちましょうね。

つまり、アタックの時のフォームも重要なのです。
このフォームもアタックの時は気をつける必要があります。

アタックの練習は壁打ちでも練習です。
まあアタックはネット際でないと練習できないと思いがちですがね。

上手くできないうちは、ジャンプして最高点でボールを掴むだけでもよいのです。
また、ジャンプしないでボールを打つだけという練習も効果ありですよ(^^)

このような練習方法も有効ですよ。

スポンサーリンク