ゴルフスイングの基本とは?

ゴルフスイングの基本をマスターしましょう。
そうすることによって、安定したショットを打てますよ(^^)

しかし、その基本をよく理解しないままゴルフを始めてしまうと大変です。
そうなると、なかなか誤ったスイングを修正できません(T_T)

このような人も多いですよ。

スポンサーリンク

そのため、できる限り早くゴルフスイングの基本を覚えましょう。

ゴルフスイングの基本は、この通りです。

・フィニッシュでバランスを崩さない
・右足にウェイトを残さない
・力を抜く
・手首をこねない

フィニッシュでバランスを崩してしまうとどうなるでしょう?
それは、ショットの質を安定させることができません。

なので注意してください。

フィニッシュでバランスを崩さないスイングが理想のフォームなんですよ。

また、右足にウェイトが残ってしまったらいけません。
そうすると、思うようなところに飛ばすことができませんよ。

ミスショットを防ぐためにも、ウェイトを残してはいけません。

それに、力が入っていると飛距離が出ませんよ。
また、ショットも安定しません。

ですから、リラックスした状態で打つことが大切です。

フォロースルーで手首をこねてしまう人もいますよね。
ただ、それでは球筋が安定しません。

そのため、修正する必要があります。

スポンサーリンク

スロースイングってどんなトレーニング法なの?

ゴルフのスイング練習法のひとつに、「スロースイング」というトレーニング法があるそうです。
このスロースイングという言葉は初めて耳にする人もいるかもしれません。

このスロースイングとはその名の通りです。
ゆっくりとスイングを行うトレーニングのことですよ。

時間にしてだいたい30秒かけてスイングを行うのです。
これは一見、あまり役立ちそうにないトレーニング法ですよね。

でも、プロも行っている効果的なトレーニングだそうですよ。

スポンサーリンク

スロースイングのメリットは、この通りです。

・スイングの確認ができる
・筋力トレーニングに繋がる

まず、ゆっくりとスイングしましょうね。
そうすることで、あなたのスイングを確認できますよ。

普通の速度では気がつかない自分の駄目なところが分かりますよ。
また、正しいスイングを体に覚えさせることもできるでしょうね。

それに、スロースイングはゴルフに必要な筋力のトレーニングにもなるんです(^^)
これは実際にやってみると分かりますよ。

やってみると、体のいたるところに負荷がかかります。

その負荷がかかる部位というのはゴルフに必要な筋力なのです。
これは、普通に筋トレをするよりも効果的ですよ(^^)

ゴルフスイングを撮影する時のポイントとは?

あなたが自分でゴルフスイングを撮影する時のポイントがありますよ。
それは、この通りです。

・何を撮影するのか明確にする
・撮影した動画を保存する
・正面と後方の2方向から撮影する
・毎回同じ位置に固定する

まず、どこを中心に撮影したいのかを決めましょう。
それはその部分がきちんと撮影できていないと意味がないからです。

また、撮影した動画を確認したら、すぐに消してしまう人もいますよね。
ですが、今後の参考になるかもしれませんよね。

なので、必ず保存するようにしましょう。

それに、できる限り正面と後方の2方向から撮影するようにしてくださいね。
その理由は2方向から撮影することで、ハッキリと自分のスイングを確認することが可能だからです。

そして、毎回同じ位置に固定して撮影しましょうね。

撮影位置がバラバラだと、動画を比較するのが難しいからです。

このようなことを意識してゴルフスイングを撮影しましょう。
そうする、あなたのスイングの修正点が分かりやすくなりますよ(^^)

ちなみに、スマートフォンで撮影する場合は、ゴルフスイングアプリを使用してください。
そうすると便利ですよね。

スポンサーリンク