初めてゴルフをする場合、どのような練習をしたらよいのでしょう?
それはこの3つが初心者にはオススメの練習方法です(^^)

・スイングの基本を徹底的に練習する
・練習間隔を空けない
・練習場に通う

まず、スイングの基本を徹底的に練習しましょう。
そうすることによって、体にスイングを覚えさせましょうね。

スポンサーリンク

基本ができていないと何をやってもダメです。
基本がめちゃくちゃだと、いざ本番になっても上手く前に飛ばすことができません。
また、おかしな方向にいってしまいますよ。

だからこそ、スイングをしっかりと体が覚えるまで、何度も何度も素振りを行うことが必要なのです。
それに、練習間隔を空けてしまうと、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

練習は、できる限り間隔を空けないようにしてくださいね。
最低でも一週間に一度は必ず練習をするようにしましょう。

そうすれば、少しずつスイングは上達していくはずです。
それから、素振りだけではなく、実際にボールを打つことも大切です。

それには、練習場に通う必要があります。
練習場で打つ時は、やみくもに打たないでください。
打つ時は、しっかりとどこに打つという目標を持ちましょう。
これが上達のポイントです。

それと、フォームを確認しながら打つちましょう。
このことも忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

打ちっぱなしに行く際の注意点とは?

打ちっぱなしに行く際の注意点は、コレですよ。

スポンサーリンク

・自分に合った施設を選ぶ
・必要なものを確認しておく
・打席の外で素振りをしない
・ボールを拾いに行かない
・騒がない
・タバコは指定場所で吸う

まず、あなたに合った施設を選びましょう。
これが大切ですね。

また打ちっぱなしは施設によって、料金や設備、サービスなどが異なります。
だからこそ、あなたにはどういったところが合うのかを検討してみましょう。

できるだけ気軽に通えるところを選びましょう。
そのほうが頻繁に練習できますよ(^^)

それに、事前に必要なものを確認しましょう。

一般的に、打ちっぱなしで必要なものはこれらが必要です。
ゴルフシューズ、または、スニーカー、グローブです。

ゴルフクラブはレンタル可能です。
だから、ゴルフクラブは持参しなくてもプレイすることができるでしょう。

それから服装です。
服装は動きやすいものにしてください。

また、打席の外で素振りなどはやめましょうね。
こんなことをすると、周囲の人の迷惑になります。
マナー違反なので、絶対に止めるべきです。

場合によっては、怪我をさせてしまうことも(T_T)
それと、打ったボールは拾いに行かなくてもいいんです。

すぐに近くにボールが転がった場合でも、拾いに行ってはいけないのです。
だってそんなことをしたら危険ですからね。

他の人のプレイの邪魔になるので、騒ぐのもマナー違反です。
あとは、タバコも指定場所で吸うようにしましょうね。

これらを気をつけて打ちっぱなしに行きましょう(^^)

スポンサーリンク