ピアノを練習していても、「なかなか上達しない」、「すぐに飽きてしまう」という方も多いことでしょう。
かくいう私もその一人です(T_T)
この問題を解決するために大事なことがあります。

それは、目標を作ることです。
目標を作り、それに向かって練習しましょう。

こうすることにより、上達が早くなりますよ(^^)
また練習を続けることができます。

ただ、いきなり高い目標を持つのはいただけません。
こんなことをすると達成感を味わうことができません。

そうなると、大体長続きしませんよね。

最初は簡単な目標を設定しましょう。
そうして、徐々に難しくしていきましょう。

これが目標設定の理想です。

例えば、好きな曲の中から一番簡単なものを選びましょう。
そうして、それをマスターするという目標がよいでしょう。

このような手頃な目標から始めるのも良いと思いますよ。

そして、徐々に難しい曲にチャレンジしていけばよいのです。
こうすることを繰り返していると、自然とピアノが上手くなっていくはずです。

また、人前で演奏をする機会を設けましょう。
規模は関係ありません。

何故なら、誰かに聴いてもらうという意識があると、それに向かって練習をしようという気持ちになるからです。
なかなか気分が乗らないという人は、月に一回でも良いのでお披露目する機会を作りましょう。
そうすることでモチベーションがUPしますよ(^^)

スポンサーリンク

ピアノって何時まで練習してもいい?

ピアノの練習をする時に気になることがあります。
それが、周りへの迷惑です。

ピアノの音は響きます。
ですから、あまりにも遅い時間に弾いてしまうと問題になります。

こんなことをしてると、ご近所トラブルを招くこともあります。

では、具体的に何時くらいまで練習は大丈夫なのでしょう。
それは、平日は夜7時くらいまでベストです。
これくらいが限度だと思った方が良いですね。

それ以降になると、ほとんどの人が自分の時間を過ごしています。
そこに、ピアノの音が聴こえると迷惑に感じてしまうこともありますよ。

スポンサーリンク

そのため、遅くても夜7時くらいには止めたほうが無難です。

また、土日祝日の午前中は、ピアノの練習はNGです。

大抵の人は寝ていたりします。
または、家族団らんを楽しんでいるのが普通です。

それを邪魔してしまうとトラブルに発展しる可能性があります。
そして、土日祝日は夜もなるべく早めに練習を止めましょう。

あまり夜遅い時間まで練習しないようにしてくださいね
気持ち良くピアノを弾くためにもこのことはおぼえておいてくださいね。

もし、時間に関係なくピアノを練習したいなら、防音設備を整えるなどの対策しましょう。
ピアノを練習する音は周囲の人にとってはただの騒音です。

だから、少しでも迷惑をかけないように配慮が必要ですよ(^^)

ピアノ練習アプリってどんなの?

楽しくピアノ練習をするために、スマートフォンのアプリがあります。
これを利用するのもひとつの手だと思います。

アプリの中には、ピアノ練習に役立つものがたくさんありますよ

そういったアプリを上手に利用しましょう。
そうすると、ゲーム感覚で遊びながら練習可能です。

こうなると、続けやすくなるはずです。

例えば、スマートフォンの画面に表示される鍵盤を弾いて演奏ができるピアノ練習アプリがあります。
通常ピアノを購入するためには、数万円~数十万円かかりますよね。

ですが、アプリであれば数百円、または、無料でピアノを弾くことが可能です。

またテンポの調整ができるものや100種類以上の曲が演奏できるものもあります。
これらは、ピアノ好きに非常に人気があるんですよ。

また、メトロノーム・アプリをピアノ練習に利用している人もいらっしゃいます。
ピアノ練習の際にはメトロノームがあった方が便利です。
ですが、メトロノームを所有している人は少ないはずです。

そして、購入するとなるとお金がかかります。
そうなると、欲しいと思ってもなかなか買うことができない人もいるでしょう。

しかし、無料でダウンロードできるメトロノーム・アプリを利用すれば、お金もかかりません。
またアプリですから、邪魔にもなりませんしね。
まさに、一石二鳥です(^^)

スポンサーリンク