離婚した場合、養育費や慰謝料はどれくらい支払われるのでしょう。
離婚後の生活を考えると気になる所ですよね。

だからこそ、養育費や慰謝料は離婚にとっても大変重要なファクターと呼べるでしょう。
ここでは養育費や慰謝料について解説します。

まず、養育費です。
これは大体平均としては、月3万円~6万円というのが一般的な相場なのです。

スポンサーリンク

養育費の金額は、どうやって決まると思いますか??
それは養育費早見表というものと当事者同士の話し合いです。

これらで養育費の額が決まります。
そして、決められた養育費の金額を変えることは大変難しいということは覚えておいてくださいね。
ですがこれも絶対ではありません。

子供の進路や体調に合わせて増額することはできますよ(^^)

スポンサーリンク

また、母親が再婚をした場合、養育費はどうなるのでしょう??
もしかしたらあなたも再婚した場合には養育費がもらえなくなると思っていらっしゃるかもしれません。
ですが、そんなことはありません。

ご安心くださいね。

ただし、父親が減額を請求されると場合が違ってきます。
こうなると、養育費の支払い額が少なくなることも….(T_T)

次は慰謝料についてみていきましょう。
慰謝料の相場は大体50万円~300万円程度が一般的です。
慰謝料は、不貞行為や暴力といった離婚原因によってもその額は違ってきます。

また慰謝料について、注意しておいてほしいことがあります。
それは慰謝料は絶対にもらえるということです。

場合によっては慰謝料はもらえない事もあります。
仮にもらえたとしても、財産分与の中に含まれてしまうケースが多いようです。

ですから、慰謝料はそれほど多額期待しないほうがよいと思いますよ。

スポンサーリンク