早く離婚したいと思っていても実際にはそう簡単ではありません。
何故なら、いざ離婚すると後悔する人も珍しくないからです。

後悔する理由は人それぞれ違います。

ですから大体後悔する理由はこのようなものです。

スポンサーリンク

・経済面
・取り決め
・離婚後の不安
・子供の変化

専業主婦だった人の場合だと一番に問題になるのがコレです。
経済面です。

それは当然です。
結婚していれば旦那が給料を持ってきます。
ですが、離婚後にはそうはいけません。

ですから専業主婦は離婚後に経済面で苦労する人が多いようです。

今まではそれほど不自由なく生活できていたかもしれません。
ですが、配偶者がいなくなったことによって、あなた、または、あなたと子供の生活をあなたがなんとかしなければいけません。

特に、しばらく仕事をしていなかった人は大変です。
ブランクがあるとどうしても、なかなか正社員になることが難しいです。
そうなると、アルバイト・パートを掛け持ちしなければいけません。

スポンサーリンク

まあ離婚を急ぐあまりに、養育費や慰謝料を十分に受け取らないことも少なくありません。
そうなるとやはり生活が苦しくなります。

また、養育費や慰謝料を相手がきちんと支払わないという問題もあるかもしれません。
そうなると、離婚前の予想よりも大変な生活をおくらなくてはいけません。

それを阻止するためにも離婚前に養育費や慰謝料はしっかりと請求しましょう。
また念のために、公正証書も作っておきましょう。

これは支払いが滞った時に有効です。

離婚するとストレスから解放されるイメージが強いですね。
ですが、実際は違います。

離婚しても必ずしも精神的なストレスがなくなりません(T_T)
それは、経済的な苦労や生活環境の変化によって、今までとは違うストレスを感じるからです。

これで、離婚を後悔するケースがあります。

それに、子供の性格や態度が離婚によって変化することもあるようですよ。

まずは離婚した人の体験談などを離婚を切り出す前によく読みましょう。
それで、離婚しても後悔しないかどうかよく考えてから行動に移したほうがよさそうです。

スポンサーリンク