母親なら離婚しても子供の親権は絶対にとれるとあなたはそう思いますか??
ですが、それは思い込みです。

実際の所は、必ずしも母親が親権をとれる訳ではありません(T_T)
とはいえ、離婚調停や離婚裁判になった場合、母親が親権者になることがお多いのが現状です。
ですが、必ずしも母親が子供の親権者になれるという保証はありません。

ワタシの知り合いでも、親権者が父親になったケースがあります。
父親と母親のどちらが親権者に相応しいのかというのは、お互いの生活環境や離婚原因が重要です。

スポンサーリンク

これらが親権者になれるかどうかに関係してきます。

例えば、離婚原因が母親にあった場合はどうなるでしょうか??
それは、親権者が父親になる可能性が非常に高いです(T_T)

スポンサーリンク

この場合の離婚原因とは、「強度の精神病」や「子供のへの虐待」などが上げられます。

また、母親の不貞行為で離婚して、不貞行為をした相手と一緒に同居するということであればどうでしょう??
この場合にも、親権者が父親になるかもしれませんよ。

それに、不貞行為をした相手を子供が拒絶することも考えられます。
それでその子が、父親と一緒に生活をしたいと思っている場合も親権に多大な影響を与えることになります。

どちらの方が子供にとって生活しやすいのか、将来のためになるのかが親権者になるには重要です。
だからこそ、母親だからといって親権者になれる訳ではないのですよ(T_T)

スポンサーリンク