お金の用途によって口座を分けましょう。
そのほうが貯蓄しやすいと言われています。

これには理由があります。
それは口座を分けることによって、お金の管理がしやすいからです。

1つの口座しかない場合、お金の流れが分かりにくいです。
ですからいくら給料が入ったのかやいくらお金が引かれたのかといったお金の流れを把握するのは困難です。

スポンサーリンク

また、気付かないうちに貯金分のお金を使ってしまうこともしばしばあります。
ワタシなどもこのケースが多いです(T_T)

そのため、用途によって口座を分けた方が良いです。
これがお金を貯める秘訣ですよ。

必要な口座はこの3つです。

スポンサーリンク

・給料の振込と支払い用
・貯蓄用
・普段使い用

まず、給料の振込と支払いの専用口座を持つことです。
これは言わずもがなでしょうね。

これで他のお金と混合せずに済みます。

給料が入金された時点で全て引き出しましょう。
そうそう、当然、支払いにかかる金額を残してくださいいね。

そして、引き出したお金を振り分けます。
どのように振り分けるかというと貯蓄用と普段使い用にです。

そして貯蓄専用の口座が大切です。
この貯蓄専用の口座を作ることで、安易に引き出すのを防ぐことができます。

またこれによりお金を貯めるという意識が強くなりますよ。

スポンサーリンク