住宅ローンがある場合は投資しない方がいいのでしょうか。
結論からいうとそんなことはありません。

確かに、そのようなお金があるのなら投資よりも繰り上げ返済をした方が良いかもしれません。
住宅ローンの金利を考えればです。

そのような考え方も一理あります。

スポンサーリンク

株価が低迷している場合などはそうしたほうがよいでしょう。
だって低迷している時って魅力的な投資商品が見つからないでしょうしね。

それも一つの方法だといえます。

けれど、投資でローンの金利以上の利益を得ることもできます。
繰り上げ返済ができるようなまとまった資金があるのであればの話しですがね。

また投資には複利効果というものがあります
これで資産が増加することだって十分考えられます(^^)
まあ長い目で見るひつようがあるのですがね。

スポンサーリンク

何事も経験は大事です。
投資は早くから始めることによって老後の資産形成にも安心ということだってあります。
投資は住宅ローンがあるからといって否定されるものではないと考えます。

きっとあなたの役立つようになるでしょう。

これからの日本の財政が破綻するケースだって十分考えられます。
あまりこんなことは言いたくないのですが国の借金だって雪だるま式に増えていっていますしね。
そういった時のことを考慮すると、日本円だけで資産を持っているのはかなり不安です。

外貨を取り入れた投資商品もぜひ持っていたいものです。
とはいっても投資ですから得をすれば損もします。
そのことを十分認識した上で投資をされるほうが良いと思いますよ(^^)

スポンサーリンク