九州で梅の名所とは、次の3つです。
ここが人気がありますよ。

・太宰府天満宮
・牛尾梅林
・おおくぼ台梅園

まずは、太宰府天満宮です。
ここは、福岡県太宰府市にある全国の天満宮の総本社なんですよ。
ですから、受験シーズンになると合格祈願に訪れる学生さんが溢れかえります(^^)

スポンサーリンク

その敷地内には、飛梅、皇后梅、雲井、肥前紅、紋隠、肥後といった約200品種6000本の梅が植えられています。
見頃は、2月上旬~3月上旬にかけてです。

次は、牛尾梅林です。
ここは、佐賀県小城市にあります。

スポンサーリンク

ここに植えられている品種は白加賀や里姫といった約1万3000本の梅が楽しめます。
ここの見頃も2月下旬~3月上旬です。

ただし、この梅林は私有地です。
そのことを頭に入れてからから観賞しましょう。

ですからマナーを守ってくださいね。

最後は、おおくぼ台梅園です。
ここは、大分県日田市にある広大な梅園なんです。
ここで見られる梅は鶯宿梅や南高梅などです。

これらの、約6000本の梅の花を楽しめる大分県屈指の梅の名所なんですよ。
見頃は2月中旬~3月中旬ですね。

そして、シーズン中は露店が立ち並ぶ「日田おおやま梅まつり」が行われております。
九州で梅を楽しみたい方は、この3ヵ所が特にオススメですよ(^^)

スポンサーリンク