関東で梅を見に行くのならここがよいでしょう。
それが、次の3つのスポットです。

・偕楽園
・川口市立グリーンセンター
・湯河原梅林

まずは、偕楽園です。
ここは茨城県水戸市にあります。

実はここ、日本でも有数の梅の名所なんです。
広大な園内に3000本の梅が植栽されています。

これだけあると、訪れる者の目を楽しませてくれます。
見頃は2月下旬~3月下旬です。

この頃には、梅まつりが開催されます。
それを目当てに、全国から集まった観光客で賑わいます。

次の場所は、川口市立グリーンセンターです。
ここは埼玉県川口市にあります。

見頃は、2月中旬から3月下旬までです。

川口市立グリーンセンターでは100本の梅を楽しむことが可能です。

スポンサーリンク

季節によって、梅の他にも様々な花々を楽しめます。
ですからここには、何度来ても飽きがこないですよ(^^)

最後は湯河原梅林です。
ここは神奈川県の湯河原町にあります。

見頃はやはり、2月上旬~3月中旬です。

この頃は「梅のじゅうたん」と呼ばれるほど、びっしりと咲き誇った梅の花が咲き誇ります。
ぜひあなたにも見ていただきたいスポットのひとつです。

シーズン中は梅林がライトアップされます。
ですから、夜に訪れても楽しめます。

また、様々なイベントも開催されますよ。

いずれも梅を心ゆくまで堪能できるスポットです。
ですが、シーズン中は観光客で混雑します。

これらのスポットにシーズン中に訪れるのなら、人の多さは覚悟しておいてくださいね。

スポンサーリンク