子犬はあっという間に大人に成長してしまいます。
なので子犬の生後1年以内が勝負といえます

生後1年以内に次の3つを気をつけましょう(^^)

・食事
・運動
・しつけ

スポンサーリンク

です。
まず、食事に十分気をつけないといけません。
これは犬の健康的な体を作るためにも欠かすことが出来ません。

犬の好き嫌いをさせないようにしてください。
また栄養や食事量も注意してくださいね。

このようにして犬に食事を与えましょう。

最初の頃は、一日3回~4回ほど食事をあげる必要があります。
ですが犬が大きくなってきたら食事量は変えずに食事の回数を2回に減らしいます。

スポンサーリンク

また運動も大切です。
それに、筋肉をつけるためにも必要ですよ。
しっかりと犬に運動させてあげてくださいね。

犬に運動させないと怪我をしやすくなったります。
また運動させないと犬もストレスがたまり病気になることもあります。

ですから散歩はできるだけ毎日行うようにしてください。

成犬になってからのしつけは根気が必要です。
ですから子犬の内にきちんとしつけを行うようにしましょう

子犬の頃というのは、しつけが比較的簡単です。
この時期に飼い主のリーダーシップを犬に見せつけてあげましょう。

飼い犬よりも順位が下にならないように注意しましょう。
これくらいが子犬の生後1年以内に気をつけることですね。

スポンサーリンク