バイトの面接予約電話のかけ方には注意が必要です。
ではどんな注意が必要なのでしょうか??

それはコレです。

・時間帯を考える
・自分の名前と用件を伝え、担当者に繋いでもらう
・面接が可能かを最初に確認する
・面接日はきちんと復唱する
・最後にお礼の言葉を伝える

スポンサーリンク

まず、電話をかける際の時間です。
自分の都合だけ考えるのはよくありません。

大抵普通の会社であれば、始業時間帯や就業時間帯が一番忙しいです。
こういった時間は電話をかけるのはやめておいてください。

飲食店やコンビニでしたらちょっと違いますけどね。
これらは大体、ランチタイムなどが最も忙しいです。

上にあげたように職種によって忙しい時間のピークが違います。
ですからこういったこともちゃんと予めチェックして電話をする必要があります。

スポンサーリンク

また、相手が電話に出てからも注意しておいてほしいことがあります。
それはいきなり面接の件を話すのはやめましょうね。

何故なら採用担当者以外の方が電話に出ることもあります。
ですから先に自分の名前を名乗りましょう。

それから担当者に繋いでもらいましょう。
採用担当者が電話に出たら、改めて自分の名前を名乗ります。
そして担当者の方に面接がまだ可能なのかを聞いてみましょう(^^)

面接予約の電話をかけるタイミングによっては、既に他の方に決まっていることもあります。
ですから、最初に確認しましょうね(^^)

面接が可能であれば、面接日時を相談してください。
そして、決定したら確認のためにその日時を復唱しましょう。
そして電話を切ります。

この際、きちんとお礼の言葉を伝えてください。
これはけっして忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク