足が臭い原因はなんなのでしょうか?
それには、主に4つあります。

・汗と雑菌
・ストレス
・食事
・水虫

まず汗と雑菌をみていきましょう。
汗と雑菌が混ざり合うことで、足が臭くなります。
まあこれはちょっと考えれば想像がつきます。

スポンサーリンク

特に、靴を一日中履いている人は汗が大量に出ます。
その結果雑菌が大量に繁殖です。

これが足の臭いの原因になるのです。

また、ストレスを過剰に受けることもいけません。
こうなると自律神経が乱れます。
その結果として汗を大量にかくため、その汗と雑菌が混ざり合い、臭いとなるのです。

スポンサーリンク

それに、食生活も重要です。
動物性タンパク質や糖質が多い食べ物を食べすぎるといけません。
こうなると皮脂が大量に分泌されます。
それに、汗もかきやすくなるのです。

皮脂と汗を大量に分泌すると雑菌も増えます。
これが、足から嫌な臭いを発生させてしまうのです。
これは嫌ですよね。
どんな素敵な人でも足が臭いと興ざめです。

さらに、水虫になると悪臭が発生するそうです。
なので要注意ですよ。

水虫は、白癬菌という菌が住み着くことで発症します。
この白癬菌は足にカビの一種です。

水虫は悪臭だけが問題なのではありません。
水虫は激しい痒みも伴います。

場合によっては、生活に支障をきたすこともあるのです。
水虫はできるだけ早めに治療をオススメします。

もし、水虫かもしれないと感じた場合は、恥ずかしがらずに早めに皮膚科の医師に相談しましょうね(^^)

スポンサーリンク