加齢臭これはここ数年でよくきくようになりました。
ではこの加齢臭の原因とは一体何なのでしょうか??
それは加齢臭の原因は「ノネナール」という物質です。

このノネナールとは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことでできるのです。

中高年になると脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加します。
その結果、ノネナールも当然増えるのです。

スポンサーリンク

これが加齢臭の原因です。
できればこの加齢臭は悪化させたくはありません。

ですが悪化する場合もあるのです。
それは大きく分けて2つです。

・乱れた生活習慣
・ストレス

生活習慣が乱れると皮脂が大量に分泌されます。
それによりノネナールの発生量も増加傾向になります。

スポンサーリンク

また栄養バランスの悪い食事をしている方や、睡眠不足の方、運動不足の方も要注意ですよ。
このような方は、ノネナールがどんどん増えてしまう環境だと言えます。
そのためこのような方は加齢臭が悪化します。

加齢臭を抑えるためにもまた健康のためにも、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

それに、ストレスが蓄積されることも問題です。
こうなると過酸化脂質の分泌量が増えます。
その結果、ノネナールの発生量も増えます。

つまり、加齢臭対策にはストレスを軽減させることも大切ですよ(^^)

加齢臭に悩まされている方は上記の例を参考にして何が原因で悪化させているのかを考えてみてください。
そして生活を見直されることをオススメします。

スポンサーリンク