メニエール病かどうかの検査方法をみていきます。
それはこれです。

・足ふみ検査
・目振検査
・グリセロール検査

このような検査でメニエール病かどうか検査します。
では一つ一つ見て行きましょう。

スポンサーリンク

足ふみ検査は、その名の通りです。
足ふみをおこなうのです。

足ふみをしていると内耳に何らかの問題がある場合、徐々に曲がっていきます。
ですので、足ふみをすることで内耳の検査が可能なのです。

次に、目振検査です。
これは、目の動きをチェックする検査です。
メニエール病の場合、黒目が小刻みに震えるようです。

スポンサーリンク

もし、目の動きが異常だった場合は、メニエール病のかもしれません。
そして、寝転んで起き上がった時もチェックします。
このとき目が回っているとメニエール病の疑いがあります。

それでは最後のグリセロール検査です。
これは、点滴でグリセロールを体内に入れます。

それで、難聴が改善されるかの検査なのです。

メニエール病の難聴の場合、グリセロールで難聴が改善されます。
だから、難聴が改善されるかどうかで判別ができるのです。

これで、メニエール病かどうかが分かります。

めまいが起きる病気は沢山あります。
ですからめまいだけでメニエール病だとは断定できません。

そういった理由から、メニエール病の検査方法は色々あるようです。

スポンサーリンク