あなたは痔という病気をよくご存知でしょうか??
痔と一口にいっても実は色々と種類があるのですよ。

なったことのない人は知らないかもしれませんね(T_T)
ここでは痔の種類を見ていきます。

痔の種類はこの4つです。
・いぼ痔
・きれ痔
・あな痔
・ぬけ痔

スポンサーリンク

それぞれみていきましょう。

いぼ痔とは、肛門付近にいぼができている状態のことです。
実は大半の痔に悩まされている人はこの痔なのです。

いぽ痔です。

この症状としてはこんなものがあります。
・排便時の出血
・残便感
・排便痔の痛み
・排便時にいぼが出る

どれも大変です。

つぎはきれ痔です。
これは肛門が切れてしまうことで起きる痔なのです(T_T)
これは痛そう。

スポンサーリンク

きれ痔が多いのは実は女性なんだとか。
きれ痔の症状は出血に肛門付近のかゆみ、便が細くなるなどです。

こんどはあな痔です。
これは肛門陰窩というくぼみに細菌が感染してしまいます。
それで膿の管ができている状態のことです。

これも大変そうです。
症状としては発熱、肛門周辺の痛みや腫れ、下着への膿の付着があります。

これを放置していると大変です。
なんとそのまま放置するとガン化する可能性も(T_T)

ですからあな痔は早めの治療をオススメします。

最後はめけ痔です。
このぬけ痔は、肛門が本来ある場所から脱出している状態のことでなのです。
別名で脱肛とも呼ばれています。
こちらなら聞いたことがあるかもしれませんね。

じつはこのぬけ痔は他の痔よりも痛みが激しいそうです(T_T)
しかも自力では元に戻すことができません(T_T)

ですからお医者さんに治療してもらいましょう。

スポンサーリンク