痔になったならば気になるのか治療法です。
ここでは痔の治療法について説明します。

痔のち療法はコレです。

・保存療法
・外科的療法

スポンサーリンク

まずは保存療法からみていきます。
保存療法とは、手術を行いません。
それで痔を治療する方法なのです。

痔といえば手術そう思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが症状が軽い場合は手術は必要ではありません。

ですから痔の治療には保存療法から始めることが多いのが現状です。
これは専門医から排便に関するアドバイスを受けたりします。
また、塗り薬・坐薬・内服薬を使用します。

これが保存療法の治療です。

症状が軽ければこの治療法で痔は完治できるはずです。

痔の症状が重い場合や保存療法で治らない場合は仕方がありません。
外科的療法での治療が行われます。
まあ仕方がありません(T_T)

スポンサーリンク

外科的療法というのは、いわゆる手術や注射による治療を指します(^^)

外科的療法としてはコレです。
・注射療法
・ジオン療法
・凍結療法
・輪ゴム療法
・PPH法
・ICG併用半導体レーザー療法

こういったものが代表的な外科的療法です。

最近ではジオンという新薬を使った注射療法が人気のようです。
特徴は症状によっては手術せずに痔を治すことができるから人気なのだとか。

ヘタをすると入院の必要もないとか。
まあ入院しても大体2から3日と短い日数で済みます。
これは助かりますよね。

また新しい治療法もあります。

PPH法とは専用の機械を使用して手術を行います。
ICG併用半導体レーザー療法というのはレーザーで治療を行うのです。

こういった痔の新しい治療法も注目されていますよ(^^)

スポンサーリンク