痔の手術方法は色々です。
ここではいぼ痔の手術方法を4つご紹介します。
なぜならこのいぽ痔が手術が行われることが多いからです。

その手術方法はコレです。

・レーザー療法
・輪ゴム療法
・ICG併用半導体レーザー療法
・PPH法

スポンサーリンク

レーザー療法とは、レーザーでいぼを除去します。
またはいぼを小さくする手術なのです。

このレーザー療法のメリットは出血が少ないということがあげられます。
ただ手術を行う医者の腕にも左右されるのでそれがデメリットともいえます。

ですからしっからりと病院の評判や口コミなどを調べてからレーザー療法を受けるようにしてください。

次は輪ゴム療法です。

この輪ゴム療法は、輪ゴムなどを使用します。
輪ゴムを使って根元を縛ります。
それでいぽを壊死させて除去するというものです。

この輪ゴム療法はメリットとしては手術が短時間で済むということがあげられます。
ただデメリットとしてはいぼが取れるまで時間がかかります(T_T)
また回復も遅いでしすし、炎症を起こす可能性も無きにしもあらず(T_T)

スポンサーリンク

次はICG併用半導体レーザー療法です。
このICG併用半導体レーザー療法とは、ICGという色素を治療する部位に注入します。
それで、半導体レーザーでいぼを除去する手術です。
ちょっと最先端っぽい手術ですね。

この手術のメリットは痛みが少ない、出血が少ない、安全性も高いといったことがあげられます。
ただデメリットもあります。

それは完治は難しいということです。
いぼ痔の改善はできるのですが….(T_T)

最後はPPH法です。
このPPH法は、いぼへの血流を阻害します。
それで、いぼを小さくするという手術なのです。

この方法も痛みや出血が少ないというメリットはあります。
それでいぼ痔の改善する可能性は高いです(^^)

ですがこのPPH法でもいぼ痔の完治は…..
難しいでしょう。

また、きれ痔ではこのような手術が行われるそうです。
・側方内括約筋切開術、

あな痔の手術では括約筋温存術や瘻管切開開放術などが行われますよ。
これが痔の手術ですね。

スポンサーリンク