痔の手術も当然ですが執刀医の技術が重要です。
この力量で手術結果は大きく左右されます。
経験の浅い執刀医による手術を受けると目も当てられないことになります。

例えば、痛みや出血が酷かったりします。
しかも最悪、改善しない場合も….(T_T)

そうならないためにもゴッドハンドに手術をお願いしたいものです。
痔の手術の名医としてはこのような人たちがいます。

スポンサーリンク

・社会保険中央総合病院の佐原力三郎医師
・道仁病院の宮崎道彦医師
・松島病院大腸肛門病センターの松島誠医師

この方々が有名な名医です。
ですが有名すぎるのです(T_T)

その結果常に予約で診てもらうのいつになることやらといったことも考えられます。
また立地的なものもあります。

必ずお住まいの近くというわけではないですからね。

ですから通院できる範囲内にあり、できるだけすぐに診てもらえる名医を探しましょう。
できれはすぐ手術をしてもらえる痔の手術の名医がいたら最高です。

スポンサーリンク

ということでここでは痔の手術の名医と呼ばれている医師の特徴をピックアップします。
それがコレです。

・症状や手術に関する説明が丁寧
・肛門科専門医であること
・手術実績が豊富

まず、症状や手術に関する説明が丁寧で分かりやすい医師はよい医師である可能性が高いのです。
それにわかりやすく説明してもらえれば安心して信頼できます。

逆に、説明不足の医師は要注意です。
こんな医師は患者のことをあまり考えていない可能性があります(T_T)

このような医師に治療を受けるのはやめておいたほうが無難です。

また、肛門治療を専門としている肛門科専門医がオススメです。
何故なら専門なので名医である可能性が高いからです。

あとは実績です。
これは何事においてもそうですよね。
それに、手術実績が豊富な医師であるというのも重要です。
これも譲れない条件でする

これらが痔の手術の名医の条件ですね。

手術実績の多さは技術力の高さに繋がります。
ですからできるだけ経験豊かなお医者さんに手術していただきたいものです。

どうせ手術するならば完治したいですよね。

スポンサーリンク