目眩で病院にかかった場合、どのような薬が処方されるのでしょうか?
目眩で処方される薬はどんなものがあるのでしょう。
病院で処方される目眩の薬はこれです。

・抗不安薬
・抗めまい薬
・浸透圧利尿薬
・ビタミン剤

抗不安薬が処方される人はこのような方です。
・うつ病
・パニック障害
・メニエール病
・自律神経失調症

スポンサーリンク

これらが原因の目眩の時に処方されれます。
メイラックスやセディールといったものが代表的な抗不安薬です。
これらは副作用は少ないです(^^)

ですが欠点もあります。
それは眠気やふらつきなどを伴います(^^)

スポンサーリンク

抗めまい薬が処方される人はこんな方です。
・メニエール病
・前庭神経炎
・突発性難聴などが原因の目眩

代表的な抗めまい薬はセファドール、メリスロン、イソメニールなどがです。

この抗めまい薬にも副作用があります。
それはこれをを服用すると、眠気や頭痛、食欲不振、口渇といった症状がみられます。

浸透圧利尿薬は、メニエール病による目眩に効果を発揮する薬です。

代表的な浸透圧利尿薬はイソバイドです。
この薬の副作用は吐き気や下痢、頭痛、睡眠障害といったものがあります。

また、血行不良が原因の目眩には、ビタミンBやビタミンEといったビタミン剤が一般的ですね。

スポンサーリンク