赤ら顔の治療には漢方を使うのもひとつの手ですよ。
漢方を赤ら顔の治療に使うなんてあなたはあまりイメージできないかもしれませんね。

ですが、漢方でも赤ら顔を改善可能なんですよ。
しかし、どうして漢方が赤ら顔の改善に効果があるのでしょう?

その理由はコレです。
漢方によって、精神状態を落ち着つきます。
また漢方で、血液の流れを促進ができるからですね。

スポンサーリンク

緊張すると顔が赤くなる人や興奮すると真っ赤になってしまう人は、あるものが大きく関係しています。
それが精神状態です。

そのため、心を落ち着かせる必要があります。
こうすることで赤ら顔が改善可能なのです。

スポンサーリンク

このケースの場合ですとオススメの漢方は、興奮状態を抑える効果がある知柏地黄丸です。
そのほかにも、天王補心丹、滋陰降火湯といった漢方が効果があります。

また、血液の流れが悪いと肌トラブルを起こします。
これが原因で、赤ら顔になることも(T_T)

肌トラブルを改善するためにも、血液の流れをスムーズしなければいけまん。

この時におすすめの漢方がコレです。
桂枝茯苓丸、温経湯、桃核承気湯などですね。

そして、皮脂の過剰分泌で赤ら顔を起こしている場合にはこの漢方がよいでしょう。
半夏瀉心湯です。

これは、皮脂分泌を抑制する働きがあります。

スポンサーリンク