肌の保水力が低下する原因はコレです。

・新陳代謝の低下
・コラーゲンの減少

まず、保湿力の低下には、新陳代謝が関わっています。
何故なら新陳代謝が低下してしまうと新しい肌を作ることができません。

スポンサーリンク

なので、いつまでも古い肌で生活をしなければいけません。
ただ古い肌は角質細胞がボロボロです。
そんな肌にいくら水分を与えても、焼け石に水です。
当然肌は水分を吸収することができません。

そのため、肌の保水力をアップするには、新陳代謝を向上させなければいけません。

また、コラーゲンも重要です。
このコラーゲンが減少すると保水性も失われていきます。

スポンサーリンク

コラーゲンがないとどんなに水分を与えたとしてもムダです。
コラーゲンがないとすぐに肌が乾燥してしまうからです。

年齢を重ねるごとにコラーゲンの質が下がってしまいます。
また、コラーゲンの量も減少します。

そのせいで、肌の保水力が低下するのです。

だからこそ、美肌を作るためにはコラーゲンが必要不可欠なのです。

肌の保水力をアップさせるためにも、不足しがちなコラーゲンを摂取しましょうね。

食べ物でコラーゲンを摂ることもできます。
ですが、上手く吸収することができません。

そんな時は、コラーゲン配合のサプリメントや化粧品などを使いましょう。
そうすれば効率よくコラーゲンを摂取できますよ(^^)

スポンサーリンク