多汗症の治療というと手術のイメージが強いでしょうね。
ワタシもそう思っておりました。

ですが多汗症は、薬でも十分に改善可能だそうですよ。

薬だと当たり前ですが手術よりも費用がかかりません。
そのような理由からも、薬で多汗症の治療を行っている人も珍しいことではないようです。

スポンサーリンク

ただし、注意も必要です。
それは薬では完治する訳ではありません。
薬だと、あくまでも症状の改善が精一杯です。

ですから薬の使用を止めた場合は、また多汗症の症状が発症します。
このことは覚えておいてください。

それではここで多汗症で用いられている薬を紹介したいと思います。
それはこの2つです。

・プロパンテリン
・トフィソバム

スポンサーリンク

まずはプロパンテリンからです。

これは、交感神経を遮断します。
それで、多汗症の症状を抑えるという薬なのです。

トフィソバムは、自律神経の乱れを改善を目的としています。
自律神経の乱れを改善することによって、多汗症の症状を抑えられます(^^)

どちらも多汗症には高い効果を発揮するそうです。
ですので、手術を受けるのに抵抗がある人は、薬の治療をオススメしておきます。

ですが、薬には何かしらの副作用が大なり小なりあるものです。
そのことは頭に入れておいてください。

また薬の効果が感じられないからといって自分勝手に薬の量を増やすのはやめましょう。
ちゃんとお医者さんの言うことを聞いてくださいね(^^)

スポンサーリンク