「多汗症の手術はしない方がいい」
そんな声があるのも事実です。

このように言われているのには当然訳があります。

それは手術には大きなデメリットがあるからです。
確かに手術で多汗症を治せるのですが….(T_T)

スポンサーリンク

ですから多汗症の手術を受ける際には十分手術によるデメリットを理解しておいてくださいね。

では多汗症手術のデメリットはどのようなものなのでしょうか??
それはコレです。

・多額の費用がかかる
・再発する可能性がある
・自律神経失調症になる
・他の場所から汗が出る

スポンサーリンク

まず、は費用の問題です。
大体10万円程度の費用は多汗症の手術を受ける場合必要になると考えておきましょうね。
ただし、手術をしたからといって必ずしも多汗症が治るというわけではありません。

多汗症が再発する可能性だってあるのです(T_T)

また、手術の副作用として、自律神経失調症や他の部位から汗が出る代償性発汗が起きるかもしれません。
このような可能性が多汗症の手術にはあるのです(T_T)

このようなデメリットがあるので、手術を受けるかどうかはくれぐれも慎重にしてくださいね。
副作用や費用面を考えると、まずは薬で症状を改善することを目標とした方がいきなり手術を希望するより良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク