保水と保湿って感じも似ていますよね。
ですからこれらを同じ意味で使用している方がいらっしゃいます。
ですがこれらは、全く違うのです。

その違いを理解する必要があります。
そうすることで、今までよりも効果的なスキンケアができるでしょう。

まず、保水からです。
これは、肌に水分を与えて、乾燥を防ぐことを保水といいます。

スポンサーリンク

その一方、保湿とは、保水して潤った肌の状態を保持することを保湿というのです。

ですから、保水と保湿は全く違います。
ということは、保水をしても保湿をしないと水分が逃げてしまうのです。
これでははっきりいうと意味がありません。

スポンサーリンク

それに、保湿だけをしてもねえ。
それでは肌に水分がありません(T_T)

ですから、乾燥を防ぐことはできません。

スキンケアを行う上では、保水と保湿のどちらも行いましょう。
これがとても大切なのです。

そして、保水を行うために有効なのが化粧水です。
また、保湿を行うために有効なのが乳液やクリームなのです。

中には、どちらか片方しか使用していない人もいらっしゃいます。
ですが、片方だけでは本来の効果を得ることができません。

やるのなら、必ず両方使いましょうね。

スポンサーリンク