ワキガ手術では、一般的に皮弁法という手術方法があります。
この皮弁法はワキガ手術によく使用されているそうです。

この皮弁法は、剪除法とも呼ばれています。
よく使用されるのは高い治療効果があるからです。

この皮弁法とはまず、脇下を3センチほど切開します。
そして、アポクリン腺というワキガの原因でもある部分を残さず除去するそうです。

スポンサーリンク

皮弁法のメリットは、コレです。

・手術費用が安い
・治療効果が高い

この手術だと健康保険が適用されることが多いようです。
ということは、手術費用が非常に安く済みます。

これだと、経済的負担が少ないから嬉しいですよね(^^)

スポンサーリンク

ただし、注意も必要です。
それはその病院やクリニックがワキガ治療の保険適用に対応していないこともあります。
この場合ですと手術代金は全額自己負担です。

その点はご注意くださいね。

また、この手術では一つ一つアポクリン腺を除去していきます。
ですから、再発する可能性が少ないのです。

ですから、この手術を受けることで多汗症も治るのです。

このようなメリットがあるります。
その一方で、当然のことながらデメリットもあります。

それは傷跡が目立ちやすいということです。
このことは覚えておいてくださいね。

それに、手術後は手術した部分をガーゼで固定して生活しないといけません。
そうなると、日常生活で不自由な思いをすることは覚悟しておいてください。

スポンサーリンク