ムダ毛の脱色って肌に負担がかかるの?

ムダ毛を目立たなくする方法の一つにこれがあります。
そう、脱色です。

脱色をすることで、毛の色が黒から金になります。
こうなると、ムダ毛が目立ちにくくなりますよね。

抜いたり、剃ったりしないので、手軽にできます(^^)
ということで、この方法を使ってムダ毛対策している人も多いそうですよ。

スポンサーリンク

ただし、近くでじっくり見るとツライです。
だって、ムダ毛が生えていることが分かってしまうからです。

それに、ムダ毛の脱色は肌への負担が大きいそうです。
なので、注意してくださいね。

脱色クリームの中に含まれている成分は非常に刺激が強いそうです。
ですから、特に肌が弱くなくても肌トラブルを起こすことも….(T_T)

そのため、敏感肌の人は使用しないほうがよいと思いますよ。

もし、脱色クリームを使用して肌トラブルを起こしたとしたら
その場合は、すぐに使用を中止してください。

そして、それでも症状が改善しない場合は病院に行ってください。
そこで、皮膚科にて適切な治療を受けるようにしましょうね。

また、脱色クリームの中には刺激の少ないものもあるので、そういったものを使用すると肌トラブルを起こす可能性を低くすることができます。

取扱説明書をしっかりと読んで、使用方法を守るということも大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豆乳ローションって手作りできるの?

豆乳ローションを使用しましょう。
そうすることで、ムダ毛を薄くすることができます。

豆乳ローションはドラッグストアなどで販売していますよね。
ですが、これはあなたが自分で作ることもできますよ。

自分で作る場合に用意するのはこれらです。
成分無調整豆乳(200ml)、レモン2分の1個、消毒用エタノール(20ml)、コットンタオル、キッチンペーパー、豆乳ローションを入れる容器です。

これらをまず用意しましょう。
そしたら、まず、レモンを絞り、レモン果汁を作ります。

次に、無調整豆乳を鍋に入れましょう。
そうして、弱火で火にかけます。
この時、膜ができないようによくかき混ぜましょう。

温度が60度くらいになったらレモン果汁を加えてください。
そのまま、弱火のままでかき混ぜましょう。

そうして、分離してきたら火を止めます。

火を止めた状態で、消毒用エタノールを加えてください。
それから、さらにかき混ぜましょう。

ざるの上にコットンタオルとキッチンペーパーをのせます。
そうして、鍋の中身を流してこしましょう。

そのまま冷めるまで放置します。
すると、豆乳ローションのできあがりです。

あとは、清潔な容器に移して使用してくださいね。

このように、作り方はとても簡単ですよ。
これらな、どなたでもすぐにできるはずです(^^)。

スポンサーリンク